学生応援

大学生必見!インターンに参加するメリット

本田一期

「インターンシップに興味はあるけどあと一歩踏み出す勇気がない」
「周りの友達に誘われてインターンに参加することになったけど、明確な目的もないし…」

就活中の大学生の皆さん、そんな悩みを抱えてはいませんか?私もインターンに参加する前はそのような悩みで頭がいっぱいでした。

この記事では現役大学生の私が、インターンに参加するメリットを3つほど、自身の体験談を交えながらご紹介したいと思います!

(1)その業界や企業について知ることができる

皆さんが既に進みたい道を心に決めているのなら、インターンの恩恵をより多く受けられると思います。私の場合はもともと、IT業界に興味がありました。生の開発現場を見てみたい、実際の業務を通してスキルを磨きたい、という思いからインターンに参加しました。

そして、インターンでリアルな業務体験ができたおかげで、よりこの業界で働きたいという気持ちが強くなりました。業界についてだけではなく、インターンを受け入れてくれた企業についても知ることができました。その会社の雰囲気や職場の人間関係、業務のテンポややりがい、通勤にかかる時間的・金銭的コスト…。インターネットで調べたり、説明会で話を聞いただけではわからない発見が多々ありました!

また、一つの企業について深く知ることは、その業界の他の企業を調べる際の手助けになります。というのも、詳しく知っている企業が一つでもあれば、別の企業を調べるときに比較ができるからです。それによって、様々な視点から企業を見る力がつきます。
手当たり次第闇雲に企業研究をしていても、印象はぼんやりしたままなのではないでしょうか?

だからこそ、インターンには絶対に参加するべきだ!
と私は考えています。インターンに参加するチャンスがあるなら、その企業を少しでも知りたいと思うなら、今すぐに応募しましょう!

(2)自己分析ができる

インターンに参加するメリットの2つ目は、自己分析ができることです。これは、私がインターンに参加したときの思いがけない成果として得られたものです。棚から牡丹餅、といった感じでした笑。

私ははじめ、自己分析はインターンに参加する前に準備として行うものだと考えていました。
それも決して間違いではないと思います。しかし、インターンに参加することで自分一人では気づけない自分の強みや課題を知ることができました。

初めて取り組んだ業務で、うまくいって褒められたことや逆に注意を受けたことがたくさんありました。こういった経験を通して改めて自己分析ができ、就活のための思わぬ糧となりました。

(3)企業に対してのアピールができる

企業がインターンを行う目的って、何でしょうか?
お金も時間もかけて、会社としてそれに見合った成果があるのでしょうか?

最初に思いつくのは、自社の事業をアピールしてより多くの人に知ってもらえる、という利点ですかね。
しかし、おそらく本当の目的は優秀な人材の選定でしょう。私が採用担当なら、インターンに参加した学生の態度や実績は大きく評価の対象にするからです笑。業務の様子を見れば、履歴書の情報しかないよりもずっとたくさんのことがわかりますからね。
このように、企業目線でインターンについて考えてみると、見え方が変わってくるのではないでしょうか?

私が参加した企業では、インターンの事前課題が課されました。後からわかったことだったのですが、その課題は新卒採用試験と同じ内容のものだったのです。このことからもわかるのですが、企業はインターン生を将来の貴重な働き手として評価してくれます。

これを逆手にとって、企業に自分のことを大いに売り出しましょう!
遠慮して他のインターン生の後ろに隠れていては、何も印象を残せませんよ?積極的に前に出て発言したり、次の業務についてメンターの社員さんに自分から尋ねたりしてみましょう。
それだけで、あなたは「インターン生」から「欲しい人材」に格上げされます。
まずは企業の立場になって、一緒に働きたい人材を思い描いてみてはいかがでしょうか?


さて、インターンに参加するメリットを3つ紹介してきました。
いかがでしたでしょうか?少しインターンに行きたい気持ちが強まりませんでしたか?
ぜひこれらのメリットを意識して、この機会を最大限に活用し、有意義な時間にしましょう!