学生応援

インターンシップに行く前の準備3選

本田一期

「インターンに行く前に何を準備していいかわからない…」
かつては私もそんな悩みを抱えた一人でした。
この記事を読めば、インターン前に準備しておくべき心構えや必需品がわかります!
備えあれば患いなし。インターン経験者の筆者がこれだけ準備すれば安心というものやことを3つお伝えします。

(1)参加する企業に関する下調べ

これは就活においてもそうですが、企業や業界の情報はいくら調べても調べすぎということはありません。得意分野や性格といった特性、基本理念、過去の実績や社風など骨の髄まで調べ尽くしましょう!

また、参加する企業についてだけでなく、同じ業界の別の企業も調べておきましょう。
そうすることで、「その業界を選んだ理由」ではなく「その企業を選んだ理由」が見えてきます。つまり、ほかの企業と参加する企業の差別化ができるわけですね。

加えて、インターンの内容に関する下調べもしっかりとしておきましょう。どんな業務を体験できるのか、ほかにどんな人が参加するのか。それらを把握しておくことで、スムーズにインターンになじむことができますよ。

ここで、下調べのコツをひとつお教えします。企業が直接公開している一次的情報と、その企業を客観的に見た人の二次的情報を意識して調べることです。
一次的な情報だけでは、その会社の過去の反省点や課題となっている部分が見えずらいです。
しかし二次的な情報だけでは、その会社が本当に大切にしている理念や全体像が見えてきません。

企業に関する情報を集めるというのは、自分にマッチした企業やインターンを発見する上でも大きな意味があります。下調べをろくにせず、インターンに参加してみたらやりたいことをさせてもらえなかった、となってはもったいないですね。

(2)参加する目的ややりたいことの明確化

企業に関する下調べと同じくらい重要になってくるのが、インターンに参加する目的の明確化です。なぜ参加したいのかを把握しておかないと、インターンが苦痛の時間になってしまうかもしれません。

大学の単位取得のためになんとなく、友達に誘われたから仕方なく、などぼんやりした理由ではありませんか?後悔しないためにも、今、改めて理由をはっきりとさせておきましょう!
「自分の興味のある分野の仕事を体験してみたい」
「この会社の理念や社長の考え方が好きで、もっと深く知りたい」
などの具体的な目的を設定しておくことで、かなりインターンに対する満足度が上がると思います。

今一度、自分がどんな業界に入りたいのかを含め、インターンに参加する理由を考えておきましょう。リストアップして視覚化するとより大きな効果が得られると思います!

(3)物理的な準備

ここまでは下調べや気持ちの面で準備するべきことを書いてきました。次に紹介するのは物理的な意味での準備についてです。
どんなにやる気があっても、当日忘れ物をしてしまっては第一印象は最悪です。

例えばスーツや作業着、ノートパソコンや、オフィスに通うための定期券の購入…。
もちろん、インターン要項に書かれたものや企業から用意してほしいと言われたものは絶対に忘れてはいけません。3重4重に確認しましょう。
また、筆記用具やメモの準備は言われていなくても必須です。

また、可能であるならば、事前に一度現地への行き方を確認しておくと安心ですね。

いかがでしたでしょうか?気持ちの面でもそれ以外の面でも、インターンに参加する準備はばっちりなのではないでしょうか?
皆さんの将来に大きな影響を与えるであろうインターン。集中して業務体験ができるように、事前の準備を怠らないようにしましょう。

皆さんのインターンが成功することを心よりお祈りしています。