これさえ読めば大丈夫!

オンライン面接のポイントとコツ

北陸在住ママライター 数井

オンライン面接のポイント

2020年からの新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、2021年の就活や転職のための面接において、オンライン面接を行う企業が増えてきています。

そこで、面接担当者に好印象を持ってもらい、オンライン面接を成功させるためにはどうしたらいいのか、ポイントをまとめました。
・事前の準備


まずは、ビデオ通話ができるアプリがインストールされたパソコンや、タブレット、またはスマートフォンなどの準備です。
パソコン(PC)なら、画面も大きく据え置きで安定しているので、面接には最適なデバイスだと言えます。

①カメラ
カメラはオンライン面接には必須アイテムです。
使用するPCにカメラが内蔵されていなければ、外付けのカメラを用意しましょう。
対面面接と違い、オンライン面接は画面上に映る情報がすべてなので、画質が悪かったり、画面が暗かったりすると、面接官にはそのままの印象で伝わってしまう可能性があります。

なるべく顔が明るく映るように照明にも気を付け、またカメラに映る背景にも気をつけましょう。壁際など背景に不必要なものが映らない場所がいいですね。
もし、背景壁紙を設定するのであれば、風景の壁紙など、社会人として適した画像を選びましょう。

②イヤホン・マイク
マイク付きのイヤホンの使用をおすすめします!
より面接官の声が聞き取りやすくなり、こちらの声も届きやすくなるので、スムーズに面接を進められます。

③その他
カメラに映らない場所は、面接官から見えることはないので、カメラから見えない位置にメモをはって、質問に対する答えを書いておくのもいいかもしれません。
ポイントは目線がカメラから外れない位置にはること。
メモを貼る位置も事前に確認しておきましょう。

また、なるべく周囲に雑音がない静かな環境になるようにすることも大事です。



・当日気を付けること


オンライン面接でも対面面接でも、服装や髪型についての考え方は同じです。
互いに初対面であるという意識を忘れず、採用面接の場にふさわしい服装や身だしなみに気をつけましょう。

企業からはオンライン面接のためのURLやIDが事前に共有されていると思います。
カメラの映り方、音声機能、インターネット接続に問題ないことを確認するために、少し早めにログインして、待機しておきましょう。



・面接中に気を付けること
企業担当者がログイン、またはビデオ通話の通知がきたら面接開始です。
  
<ポイント:口角をあげて、明るい印象を作る>
緊張しすぎて、無表情のまま受け答えをしていると、面接官の印象が悪くなってしまう可能性があります。
印象をよくするために、面接中は少し口角をあげるイメージで表情を作りましょう。

<ポイント:ゆっくり、はっきり話す>
相手に声を聞き取ってもらいやすくするために、いつもよりゆっくり、はっきり話すようにしましょう。
また、オンライン面接の特徴として、タイムラグが発生してしまうことがあります。面接官の質問には端的に要点を絞って答えるようにしましょう。

まとめ:オンライン面接のすすめ

オンライン面接は求職者にとって「時間や場所を問わない」「お金があまりかからない」など、メリットがたくさんあります。
また、以前より多くの企業にエントリーすることもできます。
オンライン面接を活用してリラックスした状態で面接に臨み、希望の仕事につくことができるといいですね。
タグ一覧
オンライン面接 就活 就職面接