読書好き必見!

【体験談】オンラインコミュニティ「BASE」のメリット4選!

私自身、初めて「本のコミュニティ」というものに参加させていただきました。
入会して約3か月。BASEの活動内容や参加して感じたメリットなどについてご紹介させていただきます。

読書の好きな人は、参考にしてみてください。
BASEに参加すると、読書で繋がる仲間ができ、日常が豊かになるのでオススメです。

本のオンラインコミュニティ BASEとは

福井県内最大のショッピングモール、エルパ2階にある本のセレクトショップ「AKUSHU」が運営している、本を通じた学びのコミュニティです。

本を読むだけで終わらず、読書好きのメンバー同士で交流を行い、学びに繋げています。

活動内容やメンバー特典、会費について順番に紹介していきますね。

活動内容
〇共通の本を3ヵ月かけて読み、月に1回ほどサークルメンバーと感想を共有。
〇平日の朝6:00~と夜20:00~の30分間、読みたい本を持ち寄り読書とアウトプットをする朝活と夜活。
〇それぞれが読んだ本の感想を共有
〇オフラインや・オンラインでの交流会

その他にも、BASEでは様々な活動が行われています。
詳しい内容はこちら


特典
〇店舗奥のラウンジスペースを、読書やパソコン作業などに利用できる
〇手前の店舗スペースに置かれている購入前の本を、ラウンジスペースに持ち込んで読むことができる

エルパに買い物に来たついでにふらっとAKUSHUに立ち寄りパソコン作業をしたり、新しく入荷された本の内容をゆっくり座ってチェックしたり、メンバーになることで本屋ならではの落ち着いた空間を活用することができます。

会費
1ヵ月の利用料金は、税込3,300円です。
本のコミュニティに興味はあるけれど、いきなり入会するのはハードルが高いという方。
BASEでは現在30日間無料お試しキャンペーンを行っています。

無料で1ヵ月間試してみてから入会を考えるのもいいかと思います!

下記リンクに詳しい情報が載っているので、興味がある人はチェックしてみてください。

参加したイベントと感想

私が実際に参加したサークル活動は下記のものです。
1.「イシューからはじめよ」フリーライダーとして参加
2.「反応しない練習」サークルメンバーとして参加

1.「イシューからはじめよ」
→メインメンバーとしてではなく、フリーライダーとして参加しました。
フリーライダーとは、顔出し発言なしの、聞く専門のメンバーです。
表紙やタイトルから自分では選ばないであろう本でしたが、メンバーが内容を紹介している動画を見て興味が湧いたので参加しました。

2.「反応しない練習」
→メインメンバーとして参加しました。
メインメンバーとは、顔出し発言ありの、主要メンバーです。
以前から読んでみたいと思っていた本だったので、この機会に参加することにしました。

サークルに参加したことで、必然的に読書時間を確保することができました。
本を読み進めていて「これはどういうことだろう??」と疑問に思ったときは、気軽にメンバーに聞くことができます。

「私はこういう風に理解したけど、他のみんなはどうですか?」など、様々な視点を持つ仲間同士の意見交換はとても面白いです。

読書好きの仲間の意見を聞き話をすることで、自分の視野や価値観が広がったように思います。

BASEに参加して感じたメリット4選

私が実際に「本のコミュニティ」に参加してみて感じたメリット4つをご紹介します。


1.理解・記憶の定着
面白い本に出会うと、時間を忘れて読み進め、あっという間に読み終えていることがあります。

しかし、その後どれくらい内容を理解し覚えているでしょうか?

エビングハウスの忘却曲線では、人は1日で覚えたことの66%を忘れるといわれています。
また、何かを記憶したときから20分経過すると、半分近く(42%)のことを忘れてしまうそうです。

このことから、せっかく時間を費やして本を読んだとしても、読み終えた頃には20分前に読んだ内容を半分近く忘れていることになります。

BASEには、読んだ本の感想を共有する場があり、自分の興味のある本のサークルに参加すれば、本の内容について振り返ったり議論したり深堀する時間を作ることができます。

そのため、一度読んで分かったつもりになっていた本の内容が、確かな知識として身に着き、自分の記憶にしっかりと残せる読書へと変わります。

2.実生活に活かせる
サークルで取り上げられる本の中には、すぐにでも実生活に役立てたいと思う内容の本があります。

サークルに参加すると、メンバー内で本の内容を実践できたこと、できなかったことを週に1回程度共有する機会があるので、日常生活の中で意識的に本の内容を取り入れることができるようになります。

3.読書の習慣化
本好きにありがちなのが、積読 (つんどく)です。
読みたい本がたくさんあり購入するも、最後まで読み終えていないもの、まだ手をつけれていないものが溜まって、気づけば本のタワーができている経験ってありますよね?

そういった状況を解決してくれるのも、BASEのメリットです。
朝活夜活に曜日を決めて参加したり、サークル活動に参加したり、半強制的に読書時間を確保することができるので積読を解消できます。

忙しくお仕事をされているサークルメンバーでも、しっかりと読書時間を確保していることが分かるので、とても良い刺激になります。

4.普段読まない本との出会い
自分が書店で絶対に手に取らないであろう本との出会いは貴重です。

表紙が自分好みではないものや、難しそうなタイトル、内容が想像できない本、そういった本を他のメンバーは読んでいたりします。

共有していただいた内容を見ると、「意外と面白そう!」と思うこともしばしば。
自分の本の世界が広がっていくのも、このコミュニティの醍醐味です!

まとめ

今回は、「本のコミュニティ」についてご紹介させていただきました。

泣けるほど感動する本や、やる気がみなぎるような本を読んだとき、誰かとこの気持ちを共有したい!誰かと話したい!そう思うことがありますよね?

本のコミュニティBASEには、オンラインでもオフラインでも繋がれる仲間がいます。

様々なバックグラウンドの方が参加されていて、本以外のお話をするのもとても楽しいです。

私は、BASEの参加がきっかけで読書時間が増え、改めて本の魅力を再確認することができました。

皆様も本を通じて様々な方と出会い、本の世界を広げてみてはいかがでしょうか。

今は無料おためしキャンペーンが開催中なので、お得に試すことができます。気になる人はチェックしてみてください。
タグ一覧
福井 コミュニティ