仕事に育児に忙しいあなたに!

今すぐ出来るお部屋スッキリのコツ3つ

北陸在住ママライター 渋田

はじめに

長引くコロナ禍、自宅で過ごす時間が長くなった方は多いのではないでしょうか。
テレワークという働き方も広まってきて、自宅で会社の仕事や副業をしている方も多いかと思います。
でも、なぜかテレワークに集中できない、という経験はありませんか?その原因は散らかった部屋にあります。

専門家の研究によると、脳は整った状態(秩序)を好む為、散らかった環境は脳にストレスを与えるとか!

心地よいはずの自宅でストレスなんか感じたくありませんよね・・?
この記事を読めば、お部屋はスッキリ!心はリラックス。テレワークにも集中できていいことづくめ。
そんな毎日が過ごせるようになります。
実は私、片付けが大の苦手でした。でも転勤族となり、10年で7回もの引越しを経験し・・徐々にスッキリとした部屋づくりのコツをつかめるように。

どれも簡単で、でも見違えるようにスッキリ感じること間違いなし!
「今すぐに出来る!お部屋スッキリのコツ3つ」をお伝えします。

1.ダイニングテーブルの上には何も置かない

ダイニングテーブルは家族が集まる場所なだけに、つい物が置かれがちです。

不思議なもので、何か一つ置いてあると次々に物が集まってきます……

そうはいっても家族が多いと、ついつい置かれてしまいますよね?

対策として、ダイニングテーブル近くに家族別の『何でもBOX』を置いて気づいたときにそっと入れてあげてはいかがでしょうか。

また、テーブルを壁付けせず少し開けておくと端の方に物が積みあがることなくキレイを保てます。

飲み残しのコップやお皿もひとまずシンクへ。

始めのうちは面倒でも、習慣化してきたらすっきりしたテーブルでないと落ち着かなくなってきますから、大丈夫。

何も置いてない状態をキープする事、これが最初の一歩です!

2.部屋の中に何も置かない辺をつくる

これはくつろぐ際に大切なポイントです。

部屋の壁際にずらっと家具や家電を置いてしまうと、なんだか雑然とした印象を受けてしまいます。

そこで、部屋の1辺は壁だけ、窓だけが見える状態にしてみましょう!


壁側をあけるなら子供の作品や写真は1か所にまとめたり、家電や家具はひと固まりにしてみましょう。

窓側をあけるなら室内干しは他の部屋で行うなど工夫してみてください。

また、カーテンの柄が好みではない、派手な色柄物でちょっと落ち着かないかも...という方はレースカーテンとカーテンを前後で入れ替えてみてはいかがでしょう?
レースカーテンは白を選ぶ方が多いでしょうから、白い壁の場合はカーテンとひと続きのように見えてすっきり見えます。

3.部屋に置くものの色味を絞る

ここは少し時間がかかるかもしれませんが、楽しいポイントです!

部屋に置く家具や収納用品、家電の色を壁や床の色を含めて2、3色でまとめてみましょう。
ご自分が好きな色、落ち着く色にすると、お部屋で過ごす時間がもっと好きになれると思います。


最初は家具の買い替えや、収納用品を買わなくても、目につくごちゃごちゃした色味の物をどんどん隠してみましょう!
クローゼット、押し入れ、引き出し...。ひとまず入れてみてください。きっと驚くほどスッキリ感がでると思います。

多少不便でも、くつろぎの空間の為には面倒さは我慢です!しばらく習慣づくまではその都度取り出すようにしてみましょう。
出しっぱなしになりやすいお子さんのおもちゃは、無理にしまわなくても死角になる部分に置くなど、できるだけひとまとめにしておきます。



以上、お部屋スッキリのコツ3つでした!

おわりに

くつろぐポイントは、ご自分がよく座る場所、ホッと一息つく時間を過ごす場所(私は子供たちが遊んでいる間はキッチンで休憩したりします)からみえる景色をすっきりと、そして好きな景色にすることではないかと思います。

ちなみに私はダイニングテーブルに座って外の景色(公園の大きな木が見えるんです)を見るのが大好きなので、その視界を遮るような物は置かないようにしています。

皆さんのお部屋をすっきりと落ち着く場所にする為にお役に立てれば幸いです!
タグ一覧
仕事 育児 断捨離 ストレス 簡単 テレワーク 副業