就活生必見!!

コロナ禍就活の必勝法~150社以上見てきて分かったこと~

コロナ禍の就職活動は前例がなく不安ですよね?
私はコロナ禍に会社説明会150社以上、インターン50社以上、面接数十回とかなり活発に活動しています。

コロナ禍の採用活動は企業にとっても未知数、就活をする学生にとっても未知数なので、親や先輩のアドバイスが当てはまらないことも多いです。

私の経験や体験談があなたの参考になればと思い、「コロナ禍の就活を乗り越える方法5選」をまとめてみました。

~目次~

コロナ禍就活の必勝法5選
①オンライン就活アイテムをそろえる
②自己分析の徹底
③企業分析の徹底
④常にポジティブシンキング
⑤インターンに積極的に参加
コロナ禍の就活でよくある質問
まとめ

①オンライン就活アイテムをそろえる

コロナ禍の就活を乗り越える方法1つ目「オンライン就活アイテムをそろえる」です。

オンライン就活必須のアイテム、皆さんはしっかりと活用していますか?
私が活用しているグッズは、企業への印象をUPさせるのに非常に役立つので必須かつ超おすすめです。

5つあるので順番に紹介しますね。

(ⅰ)リングライト
光の当たった顔と影で暗い顔、間違いなく前者の方が好印象ですよね?
ライトを使わないことで、他の応募者よりマイナスになってしまうのはもったいないです。
3,000円ほどをケチったことで、採用の可能性を減らすのはもったいなさすぎます!何回も使えてコスパも良いので、買っておいて損することはありません。

(ⅱ )快適なWi-Fi環境 
ネットの接続がたまに悪くなるという人は、強力なWiFiルーターを買い直すことをおすすめします。面接やオンラインインターン時に接続が切れたり悪くなったりしたら最悪ですよね...。WiFiルーターはプライベートでも活躍するものなので、あって損することはありません。自分の未来への投資だと思って、しっかりと設備を整えましょう。

(ⅲ)比較的新しいスペックのパソコン
古いパソコンだと、機械の中のファンの音がマイクに直接伝わってしまい、雑音として相手に聞こえてしまいます。せっかく面接で良いことを言っていたとしても、雑音が気になって面接官の気を散らしてしまうかもしれません。社会に出てからもパソコンは必須アイテム。そろそろ寿命かな...と感じたら買い換えるようにしましょう。

(ⅳ)予備のパソコン(タブレットでもいい)
突然電源が切れたりフリーズしたりすることってありませんか?私は週に1回程度あります。そんな時に予備のパソコンがあると安心感が違います。ただし気軽に買える安いものではないので、何かあったときに代用できるスマホなどは常に使えるようにしておきましょう。PCを買い替えた人は、古いPCを予備として使うのもありですね。

(ⅴ)自分の顔が明るく映るバーチャル背景
バーチャル背景は、zoomに搭載されている機能で、背景を架空のものに変更できる機能です。私は海の画像や庭の画像を使っています。部屋が汚い・古いなどで相手に見せたくない場合にも便利です。明るい色を背景にすると、自分の顔の色も明るくなったように感じ、相手に与える印象も良くなるのでオススメです。

②自己分析の徹底

コロナ禍の就活を乗り越える方法2つ目「自己分析の徹底」です。

全就活生が避けて通れないのが自己分析ですが、コロナ禍になって重要性が増してきたということに皆さんお気づきですか?

理由は、就活生1人あたりの受験企業数が増えたからです。
(選考のオンライン化が進んだことにより、20卒、21卒に比べ、22卒では平均受験企業数が増えた。NHK調べ。)

1人あたりの受験企業数が増えると、
⇒企業側は多くの就活生の中から学生を選ぶことが出来る。
⇒その中でも徹底的に自己分析をやりつくした就活生に出会う確率が高くなる。
⇒裏を返せば、自己分析が進んでいなかったら面接で簡単に落とされる。


という仕組みです。

自己分析のやり方はたくさんあるのですが、おすすめのツールをまとめた記事があるので、参考にこちらをどうぞ!

③徹底した企業分析

コロナ禍の就活を乗り越える方法、3つ目「徹底した企業分析」です。

1人あたりの受験企業数が増えて競争倍率が高くなったことで、曖昧な企業分析は面接で見抜かれやすくなりました。就活生は常に企業側から比較されます。「A君とB君、どちらも印象は良かったんだよな、何で判断しようか...」と採用側が迷ったときに、就活生側は他の人よりも秀でた武器を持っておくと選ばれやすくなります。その内の一つが企業分析です。

企業分析は時間をかければかけるほど、他の就活生に差をつけることができます。企業について徹底的に調べた熱意と行動は、エントリーシートや面接時に人事の方にきっと伝わるはずです。

④常にポジティブシンキング

コロナ禍の就活を乗り越える方法、4つ目「常にポジティブシンキング」です。

”就活”に対してマイナスのイメージを抱いている就活生も多いのではないでしょうか?1社落ちると気分が落ち込むし、自信を無くして、不安になりますよね...でも就活は恋愛と一緒。自分の実力がある or ないではなくて、自分の性格にマッチしているかどうかをひたすら探ることです。病んだまま他の企業選考に移ると、自信が無いのが見えてさらに落ちる可能性が高まってしまいます。

切り替えが大切なのです。

自信を持って話す人と、自信なさそうに話す人では、どちらが魅力的に見えるでしょうか?根拠がない自信でも堂々としていた方が相手からは良く見えます。とはいえ、自信を持つのって難しい場合もありますよね。一人で就活をすると悩みを抱え込みがちになります。実際私も病んだことが何度もあります。そんなときは、同級生や就活仲間と悩みや近況を話し合うことで自信を取り戻していました。落ち込んだときは、1人で抱えず人と共有してみることをオススメします。

⑤インターンに積極的に参加

コロナ禍の就活を乗り越える方法 5つ目「インターンに積極的に参加」です。

オンライン就活が発達したことにより、就活生にとっても企業にとってもメリットになることがあります。

★就活生のとってのメリット・・・説明会やインターンに参加するハードルが低くなった

★企業にとってのメリット・・・自分の企業にあまり興味の無かった学生も興味を持ってくれるようになった

私自身、オンライン就活でなければ絶対出会わなかったと感じる企業が20社ほどあります。インターンに参加すればするほど、自分の選択肢が増え、自分にマッチした企業選びをしやすくなります。

ちなみに、キャリターンでもインターンシップ実施企業がたくさんありますので、興味がある方はこちらもどうぞ↓

コロナ禍の就活でよくある質問

コロナ禍の就活を進める上で、多くの就活生が抱える疑問や質問に簡単に答えてみましたので、参考にしてください。

Q1:コロナ禍の就活って漠然とした不安があるのですが、大丈夫でしょうか
A1:不安に感じるのはどの就活生も同じなので、安心してください。”コロナ禍”という条件は一緒ですので、この記事で紹介した5つの方法を参考に一緒に乗り切りましょう!

Q2:オンライン就活はずっとインターネット上ばかりで疲れてしまいます。何か解決策はありますか。
A2:コロナ禍であっても、対面での説明会やインターンシップも多く実施されるようになってきました。志望度が高い企業は現地に足を運んでみましょう!他の就活生との差別化にも繋がるのでオススメです。

Q3:オンラインの就活なので、就活生同士が情報を共有する機会がありません。何か良い解決策はありますか。
A3:私の場合は、選考のグループディスカッションで仲良くなった就活生と連絡先を交換したりしています。zoomのダイレクトメッセージ機能を使えば連絡先交換は簡単なので、勇気を出してやってみてはいかがですか?

Q4:就活がオンライン化されて、就活生一人当たりの受験企業数が増えたと聞きました。平均何社くらい受ければよいのでしょうか。
A4:地域差がありますが、エントリー数全国平均は30社程度というデータが出ています。ただし、自分の就活の軸や志望業界によって受けるべき企業数が変わってきますので、あくまで参考程度としてください。
ちなみに、私が見てきた企業は150社以上です。選考に進みたい!と感じた企業はもっと少ないですが、とにかく数を見ることが大切でしょう。というのも、自分自身の性格が少し独特で(笑)...自分の展望や性格と完全にマッチした企業を見つけるのに非常に苦労するので、これだけ多くの企業を見ています。母数が多いとそれだけ選択の幅が広がるため、良い企業に出会える確率も上がると信じています。

まとめ

コロナ禍就活必勝法5選を紹介しました。
まとめると次のとおり。
①オンライン就活アイテムをそろえる
②自己分析の徹底
③企業分析の徹底
④常にポジティブシンキング
⑤インターンに積極的に参加
実際に150社以上の説明会やインターンに参加してきて感じたことは、就活は企業と学生のマッチング大会だということです。

自分というパズルのピースとぴったりつながる企業のピースを見つける選手権のようなもの。

早期に見つかるかもしれないし、何社も見ないと分からないかもしれないし、人によってまちまちです。

この記事が、読者様の就職活動の役に少しでも立てれば嬉しいです!
読んでくださりありがとうございました! 
タグ一覧
コロナ禍就活 コロナ禍の就活 就活 コロナ