息抜きも大切!

我がふるさとのオススメ名所3選

北陸在住ママライター 吉野

はじめに

首都圏などの大都会に住んでいれば、公園以外で自然に触れることができる場所まで行くのに1、2時間はかかるかもしれません。
しかし、北陸エリアの中でもこちら富山県に住んでいれば、車でほんの10分、20分で森林浴を味わうことができるんです。

木々からフィトンチッドとよばれる物質が出ていて、人にはそれが癒し効果になります。科学的にもリラクゼーション効果が証明されているんですよ。

お近くにお住まいの方は、仕事の合間の休憩場所として、遠くにお住まいの方は、北陸エリアへの旅行で立ち寄る場所として、是非ご活用いただければ幸いです。

森林セラピー®基地がある富山県

富山県の中には、特定非営利活動法人森林セラピーソサエティに「森林(注1)セラピー®基地」として認定されている所が2箇所あります。

1箇所目は、富山県富山市の「立山山麓森林セラピー基地」。こちらは立山のふもとです。
2箇所目は、富山県上市町の「剱・きらめきの森」。
注1:森林セラピー®とは、科学的な証拠に裏付けされた森林浴のこと。
特定非営利活動法人森林セラピーソサエティが、森林セラピーにふさわしい総合的な条件があるかどうかを審査し、認定をしているのが、森林セラピー基地。
こちらの記事では、「剱・きらめきの森」をご紹介します。

「剱・きらめきの森」は、森といっても1つの森を指すわけではなく、富山県上市町の中にある、眼目(さっか)・ 大岩(おおいわ)・馬場島(ばんばじま)の3つのエリアのことを指します。

街中から一番近いエリアからご紹介しましょう。

眼目エリア

眼目山立山寺(がんもくさんりゅうせんじ)周辺のエリアを眼目(さっか)と呼びます。

トガと杉の並木が美しい参道です。
一歩この道へ立ち入ると、他の場所とは空気が違うのを感じ取ることができるでしょう。

歩くときに踏みしめる砂利の音、風で揺れる葉っぱ、木々の香り、コケや葉の緑など、すべての要素が癒しになります。
デスクワークではあまり使わない五感が刺激されて、リセットできる場所ですよ。

参道の入口付近には杉が、その先200mほど進むとトガの木に変わります。混在している箇所もあります。トガの木は樹齢400年ほどと言われています。
冬でも粉雪が積もった美しい景色を見ることができますよ。

大岩エリア

大岩山日石寺(おおいわやまにっせきじ)のすぐ近くの川沿いにある千巌渓は、貴重なコケ類をはじめ、たくさんの種類のコケ類が生息しています。
大岩千巌渓は、2018年8月に「日本の貴重なコケの森」として日本蘚苔類学会に認定されています。

夏でも涼しい滝があり、とても癒される場所です。
夏には、街なかでは珍しいような昆虫もたくさん見かけます。

馬場島エリア

馬場島(ばんばじま)エリアは、先述の眼目エリアと大岩エリアよりも山の中。
剱岳の登山口近くに、森林セラピー®ロードがあります。
(冬季は、向かうための道路が封鎖されるので行けません)

森林セラピー®基地は、ただ自然に触れるだけでなく、五感で十分に癒しを感じられるように人の手で整備された場所です。歩きやすいように整えられていたり、座ってくつろげる場所が用意されたりしているので、普通のハイキングや登山よりも気軽に利用することができます。

おわりに

この3つのエリアはすべて、野生動物がいるかもしれないことを念頭においてください。
馬場島エリアは最も人里離れた山の中を歩くことになるので、基本的に一人で出かけず、森林セラピー®ガイドを雇ったほうがいいでしょう。熊鈴も必須アイテムです。

眼目エリアや大岩エリアであれば、トレッキング装備をすることもなく、気軽にふらっと出かけられますよ。
仕事の合間に、またはお休みの日に、心をリセットしに出かけてみてはいかがでしょうか。
タグ一覧
ふるさと 名所 首都圏 公園 自然 富山 森林浴 北陸 立山山麓森林セラピー基地 立山 上市 きらめきの森