採用に課題のある企業の方は必見!

【開催報告】富山県社会人インターンシップセミナー

本セミナーでは、魅力あふれる富山県内の企業が社会人を対象としたインターンシップ導入を支援!
県内はもとより社会人求職者(学生を含む)がよりよいマッチングができる機会を創出することを目的とした事業になっております。
本記事で、セミナーの様子を詳細にレポートします!

イベント開催概要

富山県主催の企業向け社会人インターンシップセミナーは、次の日程で開催されました。


【第1回】
日時:7月8日(金) 14:00~16:30
会場:富山県民共生センターサンフォルテ 研修室303


【第2回】(予定)
日時:10月21日(金)14:00~16:30
会場:富山県民共生センターサンフォルテ 研修室304


こちらの記事では、7月8日(金)におこなわれた社会人インターンシップセミナーの様子を紹介します。


今回開催されたセミナーに参加された企業さんの多くは、セミナー後のアンケートにて「正社員をどのように採用するか。」という課題を抱えていらっしゃるようでした。
その解決策のひとつとして「新卒採用」を行うことを考えているようです。


昨今では、新卒だけではなく社会人においても「インターンシップ」によって、ミスマッチをなるべく少なく採用しようとする動きが活発なのをご存じでしょうか?


本セミナーでは、魅力あふれる富山県内の企業が社会人を対象としたインターンシップ導入を支援いたします。
県内はもとより社会人求職者(学生を含む)がよりよいマッチングができる機会を創出することを目的とした事業になっております。


今回の社会人インターンシップセミナーの特設サイトはこちら!
10月下旬に予定されている第2回の続報もこちらからご確認ください。
そして、9月11日(日)と9月16日(金)にはオンラインにて社会人を対象とした合同説明会を行います!昨年度、全国から140名以上の方に申し込んでいただいたイベントです。

実際のセミナーの流れ

⑴社会人インターンシップを実現するために
登壇していただいた講師の伊藤さんは「Rebootコミュニティ」という団体を運営し、小規模企業の業務改善や採用支援を行ってきました。伊藤さんより、有意義なインターンシップを実現するために
・社会人インターンシップの背景と応募者の傾向
・自社にあったインターンシッププログラムの戦略
についてお話をいただきました。


⑵事例紹介で見えたひとつの成功例(ヴィスト株式会社さん
前回の社会人インターンシップセミナーに実際に参加された後、社内で社会人インターンシップを見事に成功させた、ヴィスト株式会社人事企画の責任者である山崎さんにインターンシップを行う前とインターンシップを行った後の社内の様子について、お話をしていただきました。


⑶インターンシップって社内ではどういう位置付けなの?
伊藤さんから山崎さんへの質問
「インターンシップに対する社内からの理解はどうだったのか。」
「求職者に関心を持ってもらうためにやっていることはあるのか。」
ヴィスト株式会社さんで実際にあった事例を交えて興味深い議論が展開されました。


⑷インターンシップ内容を考えてみる(個人ワーク)
伊藤さんと山崎さんのお話を踏まえ、事業者さんにはそれぞれ、インターンシップの内容を作成していただきました。伊藤さんが準備してくださった「インターンシップの内容検討」と「インターンシップの募集ターゲット」のワークシートを用いて、より根本的な切り口で、社会人インターンシップへの理解を深めていきました。


⑸グループトークで浮かび上がる課題(グループワーク)
企業同士でそれぞれのインターンシップ内容を共有したり、採用に関する悩みを打ち明け合いました。
議論のポイントとなったのは、企業の魅力を「どのように」求職者へ伝えるのか。それぞれの実体験をもとに、熱い議論が展開されました。

セミナーの様子

講師の伊藤さんから採用についての話を聞く参加者の皆さん

山崎さんの説明にも熱がこもる

新しい採用に向けて第1歩を踏み出そう

本セミナーを終えた企業さんから、「これまでわからなかったことがわかったセミナーだった。」というお声をいただきました。


これまで、高校生や大学生を受け入れたことのある企業さんは多くいらっしゃいました。
しかし、社会人を対象にインターンシップを実施する企業は多くありません。
それゆえに、わからないことや不安なことは多いといいます。


もちろん新しい挑戦には不安が付きまといますよね。


私たちが力になります。どんなことでも気軽にお尋ねください。疑問点や不安を解消できるように一緒に考えていきましょう。

まとめ

2022年7月8日に開催された「富山県主催の企業向け社会人インターンシップセミナー」の様子を紹介しました。


のちのアンケートからわかったことですが、事例の紹介や実際にインターンシップ内容を作成し、他企業さんのプレゼンを聞いたことで、大半の企業様が社会人インターンシップの開催を前向きに検討されていました。


社会人インターンシップは、学生の受け入れとは異なった性質を持ったマッチング機会です。即戦力となる人材に出会える機会も増えます。


単純に働き手を補充するだけでなく、社内に新しい風を吹かせることができる社会人インターンシップです。
弊社が運営している「キャリターン」にて、他社がどんなインターンシップを企画しているか、見てみるだけでも新しい発見があるかもしれません。
弊社はインターンシップのマッチングサービスを行なっているため、さまざまなノウハウを持っています。お困りごとがある場合はお気軽にご連絡ください。
タグ一覧
社会人 インターンシップ 採用課題