自分のことかも…と思った人は、注意かも

就活生の親必見!子どもの就活にNGな行動5選とその理由

・就活生のこどもに色々口出ししてうざがられた
・黙っていたいけど心配で色々干渉してしまう

この行動を見て「自分のことかも...」と思った人は、ちょっと注意が必要かもしれません。

就活生の親がやってはいけない行動を理解しておくと、本当に子どものためになる、本当にすべき行動はなにかが見えてきます。

子どもの将来のために、子どもの気持ちを大切にするために、ぜひ参考にしてください。

↓5選はこちら
①子どもの進路や就職先に口出しする
②子どもに自分の考えや夢を押し付ける
③子どもの意見を聞かずに否定する
④子どもの心にプレッシャーを与えすぎる
⑤過保護にしすぎる

理由は記事内に書いているので読んでみてくださいね。

就活生の親がやってはいけない行動5選とその理由

①子どもの進路や就職先に口出しする

子どもの就職先を親が決めるようなことはしていませんか?
ついつい一方的に「将来安泰な大手の企業がいい」「安定している公務員にしておきなさい」などと言っていませんか?

「こんな業界はどうだろう?」「この仕事はどんな感じなんだろう?」など、就職活動(以下、就活)をしている中で抱く疑問に答える程度の助言は、子どもにとって大きな力になります。

しかし、親が進路を決めてしまうと、選択肢の幅を狭めることになり、子どもの将来への可能性の芽を摘んでしまうことになるかもしれません。

そして、親が「こう言ったから」といった理由で就職してしまうと、自分が本当にやりたい仕事に就けず、長続きしない原因にもなりかねません。

②子どもに自分の考えや夢を押し付ける

「自分だったらこの会社がいいなぁ」「この仕事を子どもにして欲しい」といった自分の希望を子どもに押し付けていませんか?

就職するのは自分ではありません。

やりたい仕事を自分で選ぶという「自主性」を尊重してあげてください。

また、子どもは親の熱い期待を感じると、プレッシャーを感じるのではないでしょうか?

ただでさえ神経質になる就活です。
のびのびと将来のことを考えさせてあげたいですね。

③子どもの意見を聞かずに否定する

子どもは一生懸命自分自身のことを考え、これなら出来るかもしれないと就職先を選んでいます。

そんな就職先を頭ごなしに否定していませんか?

「聞いたことのない会社名だから」「そんな業界で大丈夫なのか」など、つい心配で言ってしまいがちです。

昔と今は違います。

スマホやネットがあるのが当たり前の時代で、情報も溢れかえっています。
昔は無かったような業界、職種も増えているのが現状です。

自分よりも子どもの方が時代を感じ、対応能力が高い可能性があります。

まずは、子どもがなぜその就職先を選んだのかを受け入れてみましょう。
理由を聞いてみると、新しい発見があったりして面白いかもしれません。

④子どもの心にプレッシャーを与えすぎる

自分自身は何者なのか、何をしていきたいのか自己分析をした上で、エントリーシートを書いたり、希望する会社に連絡を取ったりと、就活は初めて経験することばかりです。
書類審査から面接まで順調に進むことができないこともあります。

ただでさえ戸惑うことばかりなのに、「まだ就職が決まらないの?」「〇〇さんは決まったそうよ」といった言葉を掛けていませんか?

就活の様子を聞くような何気ない会話は問題ありませんが、あまりに聞きすぎるのもプレッシャーを与えてしまいます。

親は子どもの幸せを願うのは当たり前。
心配して何度も聞いてしまいそうですが、グッと我慢です。

「自分はダメなんだ」「自分は何をしているんだろう」と負の連鎖に巻き込まれかねません。

⑤過保護にしすぎる

就活期は子どもが自立をする人生の大切な試練の時期です。

子どもの代わりに企業へ連絡したり、親が会社説明会に参加するといったことはありませんか?
これから就職をしようとしている子どもにとって、社会と関わる第一歩です。

そこで親が手を出していると、大切な練習の機会を奪ってしまうことになりかねません。

また、企業に対しても「自立できていない」と印象付けることも明らかです。

何か助言を求められたら、さりげなく助けるといったスタンスで見守ってあげるといいかもしれません。

まとめ


私が就活をしている時はちょうど就職氷河期。

何社落ちたかわかりません。

そんな時、親に「まだ決まらないの?」「ちゃんと就職できるのかしら?」と言われた時は、当然落ち込みました。

幸い私は「なるようになる」と思えるタイプだったので、何とか自分のペースで就職先を見つけることができましたが、もし繊細なタイプだったら自分を信じて就活を続けることが難しくなっていたかもしれません。

人それぞれ個性があるので、明確な正解はありません。

心配な気持ちは痛いほど分かりますが、子どもは親がいなくなった後も自分の力で生きていかなければなりません。

大事なことは、子どもを信じてあげることです。あなたの子どもなのできっと大丈夫です。

「聞かれたら教える、相談に乗る」
親の意見を押し付けるのではなく、子どもの気持ちを第一に考え、寄り添ってあげてください。

「こんな合説あるらしいわよ」
「あの企業がインターン募集していたわよ」
など、ウザがられない程度に就活について良さそうな情報があれば、教えてあげるのもよいかもしれません。

ちなみにインターンシップは、就職前に「この仕事が自分にあっているかどうか」などを身をもって実感できるのでオススメです。

思ったよりも面白いインターンもあるので、もしよければお子さんに教えてあげてください。
タグ一覧
就活