忙しいママ必見!

子育てしながらの仕事復帰がうまくいくコツ in富山

北陸在住ママライター 林

はじめに

結婚や出産を機に仕事を辞めた女性の中には、子どもの入園・入学のタイミングで再び働きたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ブランクが長い程、再就職には不安が募るものです。
「家事・育児と仕事、両立できるだろうか…」
「久しぶりに社会人として働いて通用するのだろうか…」
 
富山に嫁いで6年後、私はその転機を迎えました。
慣れない北陸の風土、そして近くに頼れる親類・友人のいない状況での就職活動の一歩を踏み出しました。
その経験において、県外出身者だからこそ感じたこと、富山で働きだす時に考えておくと良いポイントをまとめました。

富山で久しぶりに再就職を考えている女性、子育てしながら働きたいと思っているママ、
あなたのお仕事探しの不安を解消します。

仕事復帰へのはじめの一歩 in富山

久しぶりに仕事復帰したい気持ちはあるものの、何から始めたらいいのかわからない!
そんな時にオススメなのは“ハローワーク富山 マザーズコーナー”です。
小さなお子さん連れの方はもちろんのこと、高校生くらいまでのお子さんのいる方まで無料で利用できます。

子どもと訪れた児童館で教えてもらい出会った“ハローワーク富山 マザーズコーナー”。

そこでは、
・今はまだ幼い子供たちのお世話を優先したいこと
・教育費は稼ぐ必要があること
・車を保有していないこと
・ブランクが長く一人前に働く自信がないこと
・未経験の仕事にも挑戦する気持ちはあること
洗いざらい気持ちを打ち明けることができました。

不安や問題点を具体的に示し、相談にのっていただくことで、今のライフスタイルに合った働き方が明確になり、就職につながりました。

久しぶりの仕事復帰は時間のゆとりが大事

子育てしながら仕事復帰する場合、ゆとりをもった時間管理が大事です。
独身時代は自分の準備だけで良く、お化粧をする時間も自分次第で十分にとることができました。ところが、ママになると子どもの支度、家族中の段取りが必要です。

そこで、久しぶりの仕事復帰に漠然とした不安を抱いている場合、フルタイムではなく、短時間勤務やパートを候補とするのもいいでしょう。
また、子育て中は子どもの行事や体調でお休みしなくてはならない日もあります。
その穴埋めを休日出勤で補わなくてもいいように、予め面接時に相談しておくのがいいと思います。

実際、欠勤の穴埋めのために毎週末働きつめてしまい、家族と過ごす時間を削り、家庭内がギクシャクしてしまったこともありました。
仕事に追われて、母親の笑顔がなくなると、子どもが情緒不安定になることもあるので、注意が必要です。

冬期はゆとりと忍耐が必要

県外出身者、特に降雪地帯外から富山に移住・転居された方は冬に要注意です。
地球温暖化の影響で降雪量は減少傾向にありますが、20〜30cmの積雪、路面の凍結は日常茶飯事です。
初めての冬は、毎日がまるでスキー場にいるような気分になります。

車通勤の場合、まとまった雪が降れば、雪かきから始まる朝、幹線道路の渋滞、通常の倍近い通勤時間の覚悟が必要です。
さらに、子どもが幼稚園や保育園に通っている場合は、通勤時間だけでなく、子どもの送迎にもいつも以上に時間を要することになります。幼稚園バスを利用している場合も遅延や運休することも十分考えられます。
雪国での生活に慣れるまでは、冬の生活を基に時間計画を立てるとよいでしょう。

インターンでのお仕事体験もオススメ

仕事復帰を考えたら、インターンシップでお仕事体験してみるのもオススメです。
学生に限らず、大人もインターンシップできるのをご存知ですか?
気軽に試せて、実際に体験するからこそわかるお仕事の向き不向き。
自分にぴったりなお仕事を探せます!

県外出身者の視点から、富山で子育てをしながら仕事復帰する際のコツをあげてみました。
あなたも少し勇気を出して、仕事復帰への一歩を踏み出してみませんか。
タグ一覧
子育て 仕事復帰 富山 移住 結婚 出産 退職 再就職 ブランク 悩み