種類から原因・解決策まで!

絶対避けたい仕事のミスマッチ!なぜ起こる?どう対策する??

ミスマッチは人を雇う側 (企業) としても、仕事を探す側 (求職者)としても避けたいリスクです。

それにもかかわらず、なぜミスマッチは起きてしまうのでしょうか?
ミスマッチはたくさん起こっており、なくなる目処が立っていません。

この記事では、ミスマッチの種類・原因・対策についてまとめました。

ミスマッチについて深く理解しておけば、就職や転職で失敗するリスクを減らせます。
あなたの貴重な時間やキャリアを無駄にしないために情報収集しておきましょう!

ミスマッチによる損失3つ


ミスマッチは会社・労働者ともに大きな損失となります。
ミスマッチが起こることで

・早期退職で予定が狂う
・採用コストや時間が無駄になる
・労働者本来の能力が発揮できない

といった問題が発生するからです。
上記3つについて説明します。

早期退職でキャリアプランが狂う

ミスマッチによって早期退職せざるを得ない状況になると、今後のキャリアプランが狂ってしまいます。

次の就職先を求めて転職活動を始めたとしても、「仕事がうまくいかなかったから」という理由では人事から良い評価がもらえないのは明白です。

考えてみてください。早期退職した場合、もっともらしい理由は簡単には思い浮かばないですよね?

このように、今後が非常に不安定となり、キャリアプランが狂ってしまうことがあります。

採用コストや時間が無駄になる

ミスマッチによって仕事ができなかったり、早期退職につながったりすれば採用コスト、時間の無駄になります。

例えば、企業側からすれば、採用や人材育成にかけたコストや時間が全て無駄となってしまいます。

労働者側からしても、ようやく馴染んできたその企業のルールや仕組みなど、教えてもらったことの大半を無駄にすることとなります。

もし退職するならば、退職手続きなどの非生産的な作業が発生するため、お互いに何もいいことはありません。

労働者本来の能力が発揮できない

ミスマッチによって労働者本来の能力が発揮できない場合があります。

人には得意・不得意があるからです。
例えば、野球が得意な人にサッカーをさせるのは宝の持ち腐れですよね?仕事でも似たようなことが起こります。

部署や仕事内容を変えるだけで解決すればいいですが、企業理念や社風など根本部分でミスマッチが起こると、企業を変える以外に解決手段がない場合もあります。

その人本来の能力を発揮できない状態は、ストレスにもなりますし、企業にとってもよい状態ではないですよね?

本来の能力が発揮できない環境だと、労働者にとっても非常にストレスとなりますし、そのような職場は長く続かないでしょう。

仕事のミスマッチの種類


仕事のミスマッチには、大きく分けて5種類あります。

・人間関係のミスマッチ
・社風のミスマッチ
・仕事内容のミスマッチ
・雇用条件のミスマッチ
・キャリアのミスマッチ

それぞれについて説明していきます。

人間関係のミスマッチ

人間関係のミスマッチは、上司や部下との上下関係や、従業員同士で起こるミスマッチです。

人間関係のミスマッチは従業員同士の相性や、コミュニケーション不足が原因で起こりやすいです。

人間関係が原因で転職を考える人は多く、企業にとっても、労働者にとっても大きな問題となっています。約6割の人が、職場の人間関係が原因で転職を考えたことがあるというデータがあるほどです。

もっとも起こりやすく、もっとも複雑な問題ともいえます。
そして、入社してみないと分からない場合も多いので、回避するのが難しい問題です。

どんな人が働いているのか、入社を決める前になるべく多くの人を見ておきましょう!
もし大学のOBや知り合いなど、希望の会社で働いている人と連絡を取る手段がある場合は、リアルな話を聞いておくのもミスマッチのリスクを減らすためには重要です。

社風のミスマッチ

社風のミスマッチは、自分の感性と企業の社風や価値観が合わないことによるミスマッチです。

入社したものの社風が合わないためにミスマッチとなるケースがあります。

例えば「自分はおとなしいタイプで落ち着いた職場で働きたいと思っていたのに、実際は体育会系の会社で息苦しい」などです。

企業の働き方や企業理念などは、その企業のホームページで確認することができます。

ホームページのデザインからもその企業の印象を受けることがあります。

最後は働いてみないとわかりませんが、上記のように調べることによって社風の大まかなイメージをつかむことができます。

実際はインターンに参加してみることによって、社風を体感することができます。
▶︎インターンを探す

仕事内容のミスマッチ

仕事内容のミスマッチは、期待した仕事内容と実務内容の違いによるミスマッチです。

仕事内容のミスマッチは、ネットの情報だけを頼りにして就職する人に起こりやすいです。
なぜならば、ネットの情報と現実にギャップがあるからです。

実際に体験したことがない場合は、どうしても想像とのずれが生じてしまいます。このずれがミスマッチにつながってしまいます。

忙しくて時間が取れないこともあるとは思いますが、可能な限りインターンなどに参加しておくことで、このミスマッチが起こる確率を減らすことができます。

雇用条件のミスマッチ

雇用条件のミスマッチは、期待した雇用条件と実際の雇用条件が異なることによるミスマッチです。

雇用条件のミスマッチは、就職する企業の情報を詳しく知らないこと、事前情報と実際の条件が異なること、詳細情報が開示されていないことなどで生じます。

企業情報を詳しく知らないことに関しては、事前の企業研究によって防ぐことができます。

しかし、実際の雇用条件と事前に知らされていた雇用条件が違うことやリアルな情報が開示されていないことに関しては、防ぐことが難しいです。

そのギャップに違和感を覚え、そのまま不満につながると、雇用条件によるミスマッチへと繋がっていきます。
部署の多い大きな企業では、希望の配属から外れてミスマッチへとつながる可能性が高いです。

離職率を調べたり、インターンやOB訪問などを通じてリアルな情報を集めることなどが、ミスマッチの軽減に繋がります。

キャリアのミスマッチ

キャリアのミスマッチは、自分の思い描いたキャリアと現実との差から生じるミスマッチです。

キャリアのミスマッチは「思うように昇格できない」ことが原因で起こりやすいです。
例えば「管理職として昇進したかったのに、現場仕事ばかりで全く昇進できない」などです。

理想を持つことは大事ですが、会社には会社の都合があります。上の席が空かなかったり、会社の業績がよくなかったり、タイミングや運が絡んできたりもします。

その企業だけでなく、他の企業に転職しても発揮できる能力を身につけておくことも重要です。
何か秀でた能力があれば、それだけでも企業の目に止まる可能性は上がるでしょう。

仕事のミス待ちが起こる原因


仕事のミスマッチが起こる原因は何なのでしょうか?

ここでは、

・企業側の情報提示が不十分
・求職者の自己分析が不十分
・求職者の企業研究・業界研究が不十分

の3つに分けて紹介します。

企業側の情報提示が不十分

ミスマッチが起こる原因の1つとして、企業側の情報提示が不十分なことが挙げられます。

企業は自社の目標や取り組み、事業内容について知ってもらうためにホームページを作成しています。
自社の強みや、優れた側面を強調したいため、どうしても悪い側面の情報が不足しがちとなります。

良い側面のみをうのみにしてきた求職者は、実際の現場を体験して幻滅してしまうのです。

まわりに自社のことを知ってもらうときには、良い側面ばかりを伝えようとするのは当たり前だと思います。

「企業がホームページで発信している情報はいい側面ばっかりだ!」くらいに思っておいた方が、過剰な期待を持ちすぎてがっかりすることは少ないかもしれませんね。


求職者の自己分析が不十分

求職者の自己分析が不十分な場合にも、ミスマッチは起こりやすいです。

自分自身が就職先になにを求めているのか理解できていないので、実際に働く段階になってミスマッチが生じます。
そもそも就活生自身が何をしたいのかわかっていない場合すらあります。

就職は恋愛に例えられますが、自分がどんな人間か、どんな人が好きなのか分からない状態で人と付き合うようなものです。
優しい人が好きなのに、厳しい人と付き合ったら上手くいきませんよね?

自己分析がまだ足りない!そんなあなたはこの記事を参考にしてみてください。
おすすめの自己分析ツールについて詳しく紹介されています。
▶︎もっと自分を知ってみよう!自己分析オススメツール7選!

求職者の企業研究・業界研究が不十分

求職者の企業研究や業界研究が不十分な場合にも、ミスマッチは起こりやすいです。

就職先の業界がどんな業界なのか、どんな社風なのかなど、しっかり認識できていないためにミスマッチが生じます。

ここでも恋愛に例えると、相手がどんな人か分からない状態で付き合うようなものです。リスクが高いですよね?

「企業研究・業界研究は十分ですか?」
この問いに即答できた人以外は、まだ企業研究・業界研究が不十分な可能性が高いです。

自己分析同様に、綿密な企業研究・業界研究はミスマッチを回避する意味でも重要です。

仕事のミスマッチを防ぐ方法


仕事のミスマッチを防ぐ方法について紹介していきます。

仕事のミスマッチを大きく次の3つに分けました。

・自己分析をしっかりする
・企業研究・業界研究をしっかりする
・企業も求職者も自らを盛りすぎない
・インターンやバイトで働いてみる

それぞれについて詳しくみていきましょう!

自己分析をしっかりする

自己分析をしっかりすることは、仕事のミスマッチを防ぐためにマストになります。
自己分析が不十分であれば、自分の軸が確立できていない状態であるともいえるでしょう。
なぜならば、自分に対する理解が足りておらず、明確な目標や優先順位がわかっていないことが多いからです。

そんな状態で自分の満足できる企業に就職できるわけがありません。
むしろ、自分の満足できる企業なんて存在していない状態なのではないでしょうか?

このような非常事態を避けるためにも、自己分析は十二分に行わなければいけません。

企業研究・業界研究をしっかりする

企業研究・業界研究をしっかりすることも自己分析と同様に重要です。

「どんな業界なのか」「何をしている企業なのか」「今後その業界・企業はどうなっていくのか」

ミスマッチを防ぐためには、上記の問いに対する答えを最低限知っておく必要があるでしょう。

今ではインターネットを利用してこれらの情報を手に入れやすいため、毎日コツコツ情報集めをすることで、企業・業界についての感覚が徐々に身についてきます。

企業も求職者も自らを盛りすぎない

自分のことをオーバーに表現しすぎないことも重要です。
行き過ぎた誇張は、企業にとっても求職者にとってもデメリットとなります。

企業が誇張しすぎると、労働者の期待ばかりが大きくなってしまいます。
現実との差が浮き彫りになったタイミングで企業に対しての熱が大きく冷め、社員のモチベーションの低下につながるでしょう。

求職者が自分のことを誇張しすぎると、自分の力量にあっていない仕事を任される可能性があります。

つまり、企業側にとって適任だと思われて振られた仕事をこなす能力がないために、仕事ができない可能性があるということです。
結果として「仕事のできないやつ」というレッテルを貼られてしまい、職場で肩身が狭くなることがあります。

上記の事柄が起こらないようにするためにも、企業・求職者ともに着飾りすぎないようにしましょう。

インターンやバイトで働いてみる

ミスマッチを事前に防ぐために、インターンやバイトで働いてみることがおすすめです。

インターネットなどの目で見る情報と、インターンやバイトなどの実体験で得られる情報とではその質に明らかな差があります。
リアルな体験談は、入社後のギャップを減らすために重要です。

実際の仕事内容とはことなることもありますが、社内の雰囲気、職場の人間関係など、その企業や業界のリアルを身をもって体験できます。

インターンやバイトに参加するまでには多少の準備が必要ですが、ミスマッチを減らすために最も有用な手段なので上手く活用しましょう!

インターンは、気軽に参加しても大丈夫です。
インターン探しには、ぜひ、キャリターンをご利用ください!
▶︎キャリターンでお手軽インターン探し!!

まとめ


この記事を簡単にまとめます。

ミスマッチによる損失

・早期退職で予定が狂う
・採用コストや時間が無駄になる
・労働者本来の能力が発揮できない

仕事のミスマッチの種類
・人間関係のミスマッチ
・社風のミスマッチ
・仕事内容のミスマッチ
・雇用条件のミスマッチ
・キャリアのミスマッチ

仕事のミスマッチが起こる原因

・企業側の情報提示が不十分
・求職者の自己分析が不十分
・求職者の企業研究・業界研究が不十分

仕事のミスマッチを防ぐ方法

・自己分析をしっかりする
・企業研究・業界研究をしっかりする
・企業も求職者も自らを盛りすぎない
・インターンやバイトで働いてみる

ミスマッチは起こらない方が絶対によいです!
この記事ではミスマッチを防ぐ方法をいくつか紹介しましたが、一推しはインターンに参加することです。

実際に体験してみることで自分と合っている仕事・企業・業界なのか?などが、確実に分かるからです。

自己分析や企業・業界分析はもちろん大切ですが、リアルな体験には及びません。

インターンは、電化製品を買う前に実物を見たり、サービスを契約する前に無料体験をしたりするのに似ています。(サブスクの無料期間みたいなものです)

仕事のお試しをすることで、ミスマッチが起こる可能性を確実に減らせます。就職活動の本番で失敗しないように、気軽に活用しましょう!

そこで、ここまで記事を読んでくれたそこのあなたに「キャリターン」をオススメします!
キャリターンでは、業界・業種問わず様々なインターンが開催されています。

あなたにぴったりなインターンがきっと見つかるはずです!

▶︎キャリターンでインターンを探す

ぜひ利用してみてください!!