副業を考えているあなたへ

複業・副業ってどんな働き方なの?メリット・デメリットを解説

北陸在住ママライター 吉野

働き方が多様化する時代

農家には専業農家と兼業農家があって、いまや専業農家は少なくなっていますが、会社員の世界もこれからの時代には、専業会社員は減って兼業会社員が増えていくかもしれません。


これを読んでいる皆さんも、複業や副業という言葉を一度は耳にしたことがあると思いますが、それは具体的にどんな働き方なのでしょう?そして、それは皆さんにも取り入れられるものなのでしょうか。

この記事が、働き方改革や自己実現につながる第一歩になることを願って、メリット・デメリットを交え解説していきます。

副業とは?

副業は、メインとなる仕事のサブ(副)として何かの仕事をプラスすることです。
最近は大手企業でも副業を認めるようになってきていますね。


それは、大きな会社だからといっていつ何があるかわからないという時代背景から「会社に依存しないで、お金の入口を少しでも増やしてリスク分散してね」ということかもしれませんし、好きなことを仕事にする人が増えていることから「副業を認めるから、自己実現のために会社を辞めないで」ということかもしれません。


もしかしたら社会全体から働き手が減っているため「働けるだけ働いて社会に還元してね」ということかもしれませんよね。人生100年時代なんて言いますが年金を当てにできない限りは働き続けなければならないということですから、会社以外の収入源を持っておいて損はありません。


副業、という名前からわかると思うのですが、メインとなる仕事をおろそかにしない範囲でやる、というのが大前提になります。
副業はサブなので、メインとなる仕事はフルタイムかフルタイムに近いものになることが多いと思います。


メリットとデメリットをまとめてみましょう。

副業をするメリット:収入が増える・自己実現できる・時間の有効活用・リスク分散・メインの仕事があるので安心してできるetc

副業をするデメリット:確定申告が必要になる可能性・休みが減る・本業に集中できなくなる可能性・副業自体で損害金が発生する可能性(株式投資などの場合)etc

複業とは

メインとなる仕事がハッキリとしておらず、複数の仕事を掛け持ちして生計を立てる方法です。パラレルワークとかパラレルキャリアという呼び方をすることもあるようです。
個人事業をしつつ、アルバイトで補填するような働き方もあるでしょうし、アルバイトをいくつか掛け持ちするという場合もあります。筆者の知り合いのには、個人事業を持ちつつ幾つもの会社の役員を兼任しているという方もいらっしゃいますね。


複業をする方というのは、才能がいくつもあって、一つに絞り切れないという場合も多いのかもしれません。いろいろなところから声がかかって、忙しくあちこちで働いている場合もあるので、働きすぎにならないよう注意が必要な方でもあります。

また、飽きっぽい方や、いろいろなことに興味関心がある方にも、このように多方面での刺激を感じられる働き方は向いているように思います。


それと例えば、立ち仕事の接客業と座り仕事の事務を掛け持ちするなど、効率的な体の使い方を選ぶことができるのも複業ならではですね。筆者の場合は以前、接客業と、倉庫で無言で黙々とやれる仕事を掛け持ちしていたことがあります。片方の仕事のストレスをもう一方の仕事で解消できるという素晴らしいシステムです(笑)

では、メリットとデメリットをまとめてみましょう。


複業をするメリット:自己実現できる・多方面で活躍できる・多方面でスキルを伸ばせる・飽きにくい・リスク分散できる・刺激が多いetc

複業をするデメリット:一つ一つが深まりにくい・どれも中途半端になる可能性・過労になる可能性・正社員として働くことが難しくなるかも・確定申告の必要性etc

おわりに

いかがだったでしょうか。
複業と副業、どちらが皆さんに合っていると思われましたか?

自己実現を果たしながら、生活も安定させていく…
複業と兼業は、そんな皆さんの味方になってくれるはずです!
タグ一覧
副業 働き方改革 自己実現 立ち仕事 接客業 デスクワーク 事務 仕事 ストレス システム リスク分散 正社員