私にもできる?

ママだって働きたい!仕事と子育ての両立について

仕事と子育ての両立ってめちゃくちゃ大変じゃないですか?

私も一応両立できていますが、夜には疲れ果てて即寝してしまいます...

他のママさん達はどのように両立しているのか気になったので、調べてまとめてみました。

この記事を読めば、他のママさん達の子育てと仕事の両立の現状を知れるので、自分にも活かして少しは楽になるかもしれません。

子育てをしながら働いているママの割合

出典:厚生労働省

厚労省のHPによると、仕事をしているママは全体の70%を越えています。

これは平成29年時点のデータで、今後はさらに上昇する見込みです。

私がもっとも気になったのは、子育てママの正規雇用と非正規・その他 (自営業含む)のデータです。見比べると、非正規・その他の方が約2倍近くも多いことが分かります。

女性の社会進出が聞かれますが、このデータをみる限り、出産後に正規雇用で働き続けるのが難しいのではないかと考えられます。

実際に私のまわりでは、産休・育休後に元の職場に戻る人は公務員の人が多いです。

産休、育休がちゃんととれても、社内の雰囲気や体制によっては小さな子を育てながら元のように働くのは難しく、パートで融通のつきやすい仕事に変更するか、育児をしながら勉強をして起業し、自営業に切り替える方が多いです。

子どもができ、ママになると今までの見え方や考え方が変わることも、自営業に切り替える方が多い要因な気がします。

子育てと仕事を両立するワーママの1日スケジュール

ここではパートママと正社員ママの実際の1日のスケジュールを紹介していきます。
パートママも正社員ママも、起きて子どもを寝かしつけるまで休みなく動いていることが分かります。

子どもの機嫌を見ながら合間を見て、夕食作りや家事をしなくてはいけないので大変です。

残業があったり、子どもが全然言うことを聞かなかったり、毎日都合よくスケジュール通りにはならないですよね。
子どもが早く寝てくれればいいですが、寝かしつけがうまくいかない日は、その分ママの自分時間が減ります。

家事をしたり、幼稚園の連絡事項を確認したりしていると、あっという間に就寝時間なんてこともよくありますよね。

子育てと仕事を両立させる7つの方法

仕事、子育て、家事、これらすべてを完璧にこなすのは、実際はなかなか難しいですよね?
完璧にしようとせずに、ときには少し気を抜いたり、ママ自身が楽になる方法を考えたりすることも大事です。

子育てと仕事の両立に役立つ方法をいくつか紹介するので、良さそうな方法を採用してみてください。
・国の支援政策を利用する
仕事と家庭の両立支援政策について内閣府が参考資料を公表しているので、自分の家庭で利用できるものは利用してみてください。
▶︎仕事と家庭の両立支援対策について

・家事の労力を減らす
ロボット掃除機・食洗器・洗濯乾燥機など、楽に家事ができる家電をどんどん使って家事の労力を減らすと、自分の時間を作れるのでオススメです。

例えば、電気圧力鍋は具材を入れてスイッチを押すだけで料理が作れるので、空いた時間を他のことに使えます。
買い物は時短を心がけ、事前に購入するものを考え、それだけ買う。
宅配サービスやネットスーパーを使えば買い物に行く必要がないので、さらに時短になり自分の時間を作り出せます。

・パパと家事・育児の分担する
パパも仕事が忙しく大変だと思いますが、忙しいのはママも一緒。できる範囲でパパにも少しでも家事や子どもの世話をしてもらうのも大切です。
しかし、その場合、自分のやり方との違いでイライラすることも…。やり方を徹底的に教えるか、寛容な心でパパのやり方を受け入れることが大事です。

・祖父母に頼ったり、子育て支援サービスをつかう
たまには、頼れる人にどんどん頼ることもオススメです。祖父母が近くにいない、祖父母が働いていて頼れる人が近くにいないという人は、ファミリーサポート(通称:ファミサポ)などもあります。
ママだけで子育て全てをやるのは無理ってときは、自分が潰れてしまう前に周りに頼りましょう!

預け先の参考記事もありますで、気になる方はご覧ください。
【体験談付き】子どもの預け先まとめ!

・完璧にしようと考えすぎない
子どもの誤飲に気を付けていれば、部屋が散らかっていても大丈夫です。
明日着るものがあれば洗濯物が溜まっていても大丈夫です。

惣菜やお弁当の日があっても大丈夫です。
平日にママがだらける日があっても大丈夫です。
疲れて何もしたくない日があれば、なにもせずに子どもと一緒に早く寝てしまう日があってもいいと思います。

料理や掃除など、家庭内でママの役割が大きい家庭は多いですよね?
完璧を求めすぎて凹むと、家庭内全てに影響が出てしまいます。たまには手抜きでだらける日も大切なはず!
ママが元気なら、家庭内が上手くまわることが多いです。

・1人で抱え込まない
子育てに悩んだとき、困ったときに、1人で抱え込んでしまっていませんか?
大変なこと、辛いことなどを、パパや両親、友人などになんでも話して聞いてもらうことも時には大事です。
話すだけでも心が楽になるので、試してみてください。

・子育てと両立しやすい仕事に転職する
正社員もしくはキャリアのあるママだと、転職は勇気がいることです。それでも、ママの負担が大きい状態が続くと、自分自身が潰れてしまうことがあります。

そうなってしまっては、子どもにも、自分や家族にもよくありません。頼れる人もいない、毎日もう限界と思ったときは、思い切って転職することも考えてみることもありだと思います。

子育てしやすい仕事、しにくい仕事があるのは事実です。子育てママ向けの求人も意外とたくさんあります。いくつかピックアップしてみたので気になる人はチェックしてみてください。

田舎に泊まろう!富山県立山町の古民家で田舎生活体験インターン!
【子どもたちの笑顔をつくる空間創造企業】最先端のものづくり体験!

キャリターンはインターンで仕事を試してから働くことができるので、仕事選びで失敗する確率が減ります。
その他の仕事も見たい人は、下記リンクからどうぞ。
▶︎インターンシップマッチングサイト「キャリターン」

まとめ

・子育てと仕事を両立しているママは、正規社員24.7%、非正規社員46.1%で、非正規社員が正規社員のほぼ2倍
・1人で全部やろうとせず、パパや周りの人に頼る
・自分なりに働きやすい環境を作って仕事と子育てを両立させる

自分らしく働ける方法かつ、自分が楽になる方法を探しながら無理のない範囲で両立していきましょう!
タグ一覧
ママ 子育て 仕事 両立