生活の質が向上

やりたいことがわからないあなたに、今日から始めてほしいこと

北陸在住ママライター 吉野

はじめに

あなたは今、心から望んだ生活をしていますか?
実現したいことができていますか?
やりたいことはハッキリとしていますか?

もし、この答えが「ノー」だとしても大丈夫です。
本当にやりたいことを見つけて、望んだ未来へ一歩踏み出していきましょう。
そのために、今日からできることをご紹介したいと思います。

自分が望む未来とは

人は無意識のうちに、世間が望むものを自分の望みだと勘違いしてしまうことがあります。


良い成績をとって両親を喜ばせたい・・・
早く結婚して家庭を持ちたい・・・
子どもを産むことで女性としての役割を果たしたい・・・


優しい方、真面目な方ほど、自分の望みとの区別がつかないままがんばってしまいます。
結婚しても、子どもを産んでもそれは変わりません。


筆者は、叶えたいイメージ写真をコラージュにしてボードに貼るワークショップに参加したことがあります。

自分の望みを知らないかたは、そのボードに「夫が喜ぶこと」や、「子どもが喜ぶもの」を貼ります。

「(夫が喜ぶから)料理をもっとがんばりたい」
「(子どもが行きたがっているから)ハワイに行きたい」

自分のことは後回し。今までずっとそうやってきたのだから仕方ないですよね。
私もそう!というあなたは、今までよくがんばってきました。


今日からは、家族は家族、自分は自分、でいきましょう。


自分が何をやりたいのか考えたことがないと、いざ仕事復帰や就職・転職をしようとしたときに、何を選んだらいいのかわからなくなります。
子どもが巣立った後に、急に目標を見失って燃え尽きてしまうかもしれません。

自分が本当に何を望んでいるのかを知ることが、望んでいる未来を実現していくために大切なことなのです。

本当に望んでいること探し

人生の大きな目標や、仕事で実現したい世界を想像する前に、自分の小さな好きなもの・好きなことを探してみましょう。

ノートや付箋に書いていくと可視化できるのでお勧めですよ。


好きな食べ物は何ですか?どうしてそれが好きなのですか?
――――――食感、味、匂い・・・好きな食べ物の共通点は何でしょうか?(共通点はなくても大丈夫です)


好きなお店はどこですか?どうして好きなのでしょうか?
――――――外観、立地、壁の色、インテリア、空気感、人・・・その共通点はありますか?


好きなことは何でしょうか?やるなと言われてもやってしまうこと、ぶっ通しでやり続けてしまうことはなんでしょうか?
――――――好きなことを細分化して、何が好きなのか分析しましょう。

好きなこと探しするとどうなるか

例として自分の話をしますね。
筆者は自分がよく行くお店について、どこが好きなのか考えてみました。
・音楽が静か
・座席間隔が離れていて、隣の人と視線が合わない
・無垢木材のテーブル


これによって、次のようなことがわかりました。

・自分のペースでいられることが大切
・手触り、匂いなど細かいことが自分にとっては重要
・人の感情を感じ取りやすいから距離感が必要


これは、仕事環境を選ぶのに大事なキーワードになる可能性があります。


それから徹底的に小さな「好き」を自分に与えて、「不快」を排除していきました。

〇ふわふわなパジャマ
×我慢していたチクチク下着
〇気持ちがあがるカーテン
×重たいマグカップ

そうしていくうちに、自分が何に我慢していたのか、本当はどうしたかったのか気づきました。



小さな好きなもの・好きなことを受け入れていくと、大きな目標や、どうすれば幸せに生きられるかも、だんだん分かるようになってくるんですよ。

あなたも、世間から見る「正しい何か」や、「外から与えられた望み」ではなく、自分自身が望んでいることを今日から探してみませんか。
タグ一覧
生活 実現 やりたいこと 無意識 結婚 家庭 子ども 出産 女性 役割 優しい イメージ