【株式会社内山精工】モノづくりを通して、心の豊かさを育む

内山 彰博
株式会社内山精工 代表取締役社長
座右の銘「継続は力なり/花が咲かない寒い日は 下へ下へと根を伸ばせ やがて大きな花が咲く」
1973年生まれ。富山県出身。金沢工業大学を卒業後、スポーツ関連の仕事に就き2002年に株式会社内山精工に入社。2012年に三代目社長に就任。空手の日本代表 アジア・オセアニア地区のチャンピオン。今もなお練習を重ね、2年後の世界大会優勝を目指している。次男は甲子園に出てプロ野球選手に。

株式会社内山精工と代表の想い

ー 会社説明と会社に対する想いをお願いします。

弊社は製造業で、軸受(じくうけ)部品、自動車部品、その他機械要素部品などの金属製品の切削(せっさく)加工をしています。

会社は、富山県の上市町にしかありません。海外に行かないかというお話をいただいたこともありますが、それはお断りしました。

理由は、地域に根付いて、日本で、富山県で、この上市町で仕事をして地元に貢献したいという想いが強いからです。

「この地で生き残っていくためには」と考えたときに、他社と同じことをしていては勝負になりません。他社が嫌がる難しいものや、面倒くさがることなど、お客様のお困りごとを解決していくことで差別化をはかることを決めました。

また、我々は海外に行って安く作るのではなく、海外の難しい仕事を日本でつくり、それを海外に売るという仕事もしたいと考えています。実は去年、まだわずかな注文ですが、それを叶えることができました。

働いてくれる社員を本当に大切に思っていて、とにかく幸せになってほしいし、内山精工に来てよかったと思ってほしい。そして、人間として成長してほしい。
新しいことにチャレンジをすることが好きなので、現在7〜8割を占めている軸受の仕事だけでなく、これから色んな分野や仕事にチャレンジしていきたいです!

人の能力を引き出す

ー 今、課題に感じていることはありますか?

これは永遠の課題ですが、人材育成ですね。

技術的にも人間的にも、とにかく人の能力を引き出す。
ポイントは、能力を"付ける"のではなく、"引き出す"という点です。
元からあるものを引き出して、膨らませて、成長させてあげる。

技術的な部分は現場の方のほうが詳しいので任せて、私は社員みんなが力を発揮できるような環境を作ったり、関係性を作ったり、やりがいをもってできるようなことをいつも考えています。

熱血内山流の人材育成とは?

ー 人材育成という観点で大切にしている部分を教えてください。

「大切なことを大切にする」ということです。
具体的には、会社は自分だけではなく、社員も家族も取引先もみんなが幸せになるために努力する場所だよという経営理念を常に言っています。

新人には仕事を覚えたら、自分の能力を使って、他の人の役に立つこと、周りに対して良い影響を与えるようになろうと言っています。

2:6:2の法則*というものがありますが、僕は2:6:2全体の底上げを考えています。
そのためにまずは、上の2割をどんどん引っ張ります。

お前ら突き抜けろ!と(笑)
うちの社員がという話ではなく、能力的にネガティブな人を変えるのはとても力がいりますよね。

変えようとするのではなく、ポジティブな人間と共鳴し合って成長していく方が仕事は楽しいですよね。

そのためにはまず、僕自身が熱い気持ちを持ち続けること!ですね。

*2:6:2の法則・・・組織のように集団ができると、優秀な上位が2割、平均的な中位の人材が6割、下位のグループが2割にわかれるという考え方

モノづくりで心の豊かさを育む!!

会社が大切にしているのは、
感謝・心・人の和です。

モノづくりは、ただ機械が作ってくれるのではなく「作った人の魂が宿る」と昔から言われてきました。
だから心を込めてものを作ろう、テキトウにしたらテキトウなものしかできんよ、と。

モノづくりは、人の人格が出ますよ!
機械の扱いに対しても、機械を大切に思う人は時間があれば必ず拭いたりする。丁寧に扱う。

そうやってものを大切にする人は、当たり前ですけど色んなものを大切にします。
自分の身の回りにあるパソコンやペンなどのモノも、誰かの想いが込められていることを知っているので、大切に使おうという気持ちになります。

また、仕事は1人ではできません。
同僚がいて、取引先がいて、仕入れ先がいるなど、いろんな人の繋がりなので、人を大切にしないといけない。内山精工は人の和を大切にしています。

このように、色んな事に感謝できる人間が、「心が豊か」と言えると思います。
うちは、ものづくりをしながら、心の豊かさを育てることを大切にしています。

心の豊かな人が集まる会社って、絶対楽しいですよね!!

内山社長の学生時代と「やりたいこと」

ー 内山さんはどんな学生でしたか?

僕は大学生までちゃらんぽらんで、遊んでばっかりいました(笑)
スポーツは高校までずっと野球と空手をしていて、大学は燃え尽き症候群でスポーツをしたくなくなりました。理数系が得意だったので工学部にいきましたが、自分に合わな過ぎて大学辞めようと考えたこともありました・・・(笑)

就職するときにとても悩んで、改めて自分のやりたいことって何だろうと考えたときに、体を動かすのが好きだったので、工業大学に行ったのにスポーツクラブに就職し、スポーツインストラクターになりました。

でもやっぱり好きなことにはのめりこみますね!
仕事が終わっていても朝から晩まで会社にいました。
上司から「お前、趣味ないんか?」と言われるほどに(笑)
当時から、仕事=趣味になっていましたね~!


ー 内山さんは「やりたいこと」に対してどう考えますか?

僕は、やってきた経験が、今やりたいことに対して力になっていると思っています。
厳しく育てられたこと、空手・野球で厳しさ苦しさを乗り越えてきたこと、スポーツクラブでは人との関係を学ぶことで引っ込み思案な自分にメスを入れたことなど。

僕の入社のきっかけはモノづくりをしたいという思いより、親に恩返しをしたいという思いからです。
それでも入社したら、モノづくりって楽しいなと思い、もっといい会社にしたいと思って今があります!

正直、やりたいことなんてそんなすぐに見つからないものだと思っています。
だから目の前のことに集中してください!
そうすれば必ずやりたいことは見つかります。

自分の人生をもって人を育てる

ー 内山さんが「これからやりたいこと」は何ですか?

とにかく人の育成ですね!
社員はもちろんですが、今の会社とは別に志を共にする仲間と人材育成の組織を立ち上げ、小学生や新入社員の研修を行ったり、ちびっ子から大人まで空手の指導もしています。

そこで関わる子供たちには、世の中の役に立つ心の強い人になってほしいと願っています。

誰かのためにとか、人のために一所懸命になれる、そして、苦しいこと辛いことにも負けない強い心を持てる、
そんな人間を身の回りに沢山作りたいと思っています!

苦しかった経験から立て直すまで

ー あまり想像できないですが、失敗談や挫折経験はありますか?また、それをどのように乗り越えましたか?

たくさんありますが、最近では社長になった時ですね。
リーマンショックで業界全体が大打撃を受けていた時は先代社長でしたが、その3年後、社長交代する直前も会社の業績は下がりました。

その時に、「すべての原因は自分にある」とずっと重く1人で抱え込んでいたんです。
それをどうやって乗り越えたのかというと、社員のおかげなんです。

内山精工は年に2回、改善事例発表会がありますが、そこでの社員の発表にめっちゃ感動したんです。

不況で自分がおろおろしていた時に、社員たちは今の自分の現場の問題点を自分らで出して、それを前向きに一所懸命改善していました。

その姿を見たときに、この仲間がいれば大丈夫と思いました。

"社員が沢山いるから大変"ではなく、"こんなに沢山の仲間がいる"そう思えるようになりました。

なので、コロナが来て業績が下がった時も、
「そうか!チャンスだ!今だから出来ることをやろう!」と前向きに、まったくあたふたしなかったです(笑)
結局、前向きの方が楽しいですよね!
それを改めて社員に教えてもらいました。

そんな素敵な社員とのとてもいいエピソードがありまして、
実は、僕の息子が2年前に甲子園の決勝まで行きました。
自分は仕事を休んで応援に行ったんですけど、会社では工場長の判断で仕事をすべて止めて、みんなでテレビの前で応援をしてくれたんですね。

すごく感動しましたね。
本当に自分は人に恵まれています。

若者へのメッセージ

どんどん悩めばいいと思います!
悩んで悩んで悩み尽くせば答えは出ると思います。

とにかく今を一所懸命生きる。
そうすることで、自分がやりたいことが定まった時に力になります。

今だから言えることだけど、誰かのために役に立てること、何をもって人に貢献できるのかを模索してほしい。

その時その時をいい加減に生きている人は、仕事してもいい加減ですよ。
今から良い習慣をつけてください。

是非、会社にも遊びに来てくださいね!

社長が自ら作る内山精工の1年間の振り返りムービー_2021年版

毎年、仕事納めの日に社員全員で視聴して一年を締めくくっています。
年末に入ると、毎日ほぼ徹夜で作っています(笑)

動画はこちら↓

株式会社内山精工
代表取締役社長 内山 彰博
タグ一覧
富山県 上市町 製造業 熱血社長

株式会社内山精工のインターンシップ

熱血社長のもとで現場を体験しながら、製造業の本質を学ぼう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こちらは、令和4年1月16日(日)に行われる「富山県主催・社会人インターンシップ合同説明会」で企業の担当者が説明するインターンシップです。
ぜひ合同説明会に参加してからインターンシップに申込みましょう!
合同説明会の詳細・お申込みはこちら→https://careetern.com/special_intern/society_second
前回の合同説明会の詳細はこちら→https://careetern.com/special_intern/society
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1〜3日間の間で応募者の希望を聞いて日程を設定します。
主に製造現場の職場体験を行います。
内山社長から、製造業の本質についてのお話しもあります!
製造業が気になっていた・更に深く知りたいという方は必見のインターンシップです。
初めての方でもまずはトライしてみましょう。

開催日程

随時開催中!

開催エリア

富山県

株式会社内山精工

【オンライン】 内山精工の「ハタラク」を知るインターンシップ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こちらは、令和4年1月16日(日)に行われる「富山県主催・社会人インターンシップ合同説明会」で企業の担当者が説明するインターンシップです。
ぜひ合同説明会に参加してからインターンシップに申込みましょう!
合同説明会の詳細・お申込みはこちら→https://careetern.com/special_intern/society_second
前回の合同説明会の詳細はこちら→https://careetern.com/special_intern/society
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社内山精工は、
『会社は仕事を通し、みんなが幸せになるため努力する場所である。』を経営理念に掲げるものづくり企業です。
今回は、空手で日本一、日本代表、国際大会での優勝を果たした内山社長直々にご登壇いただける貴重な機会となっております!
学生の方も社会人の方もお気軽にお申し込みください!

[インターン内容]

10時開始、2時間程度のオンラインインターンシッププログラムです。

「STEP.1」
参加者と自己紹介やフリートークの場にします。
会社でもモニターにzoomを繋ぎ、社長・社員さんとアイスブレイクとしてざっくばらんに会話をしていただきます。

「STEP.2」
会社説明、内山精工の「ハタラク」を社長からプレゼンいただき、質疑応答の時間も設けます。

「STEP.3」
「働きがいのある職場」とはどんなことかを考えていただきます。
その後、フィードバックをいただき終了となります。

是非この機会に楽しんでいただけたらと思います!

開催日程

随時開催中!

開催エリア

オンライン

株式会社内山精工

会社情報

株式会社内山精工
中新川郡上市町広野
2022年01月 創立
66
076-472-0192

https://www.uchis.co.jp/