【株式会社トミソー】初代に負けず劣らず!2代目社長の“挑戦劇”

木村嘉秀
株式会社トミソー 代表取締役社長
座右の銘「夢と志」
1975年、富山県出身。富山高等専門学校を卒業後、北陸職業能力開発短期大学でインテリアの専門知識を学ぶ。新卒で大手店舗設計会社に入社。経験を積んだのち帰郷し、祖父が社長を務める株式会社トミソーに入社。2012年4月に代表取締役社長就任。 趣味はバイクや車、モータースポーツ観戦。学生時代は音楽活動に力をいれていた。

トミソーとは

――まずは会社の説明をお願いします。

事業内容としては建設部門、住宅部門、不動産部門、店舗部門、リノベーション部門など幅広く行っています。不動産部門ではアパートを多く所有している会社で、弊社のデザイナーがアパート設計も行っているので、オシャレな内装が特長です。そして今、力を入れているのが店舗部門で、「いちといち」という事業を展開しています。店舗併用住宅の施工実績では、県内ナンバーワンです。リノベーション部門では、性能向上リノベーションを進めています。断熱性能は日本最高クラスのグレード(G3と呼ぶ)を獲得しているんです。リフォームでG3を取ることは難しく、他の企業さんからも驚かれます。
1つの大きな事業のみで売り上げを占めているのではなく、すべての事業においてバランスよく実績があるので、経営のリスクヘッジにもなっています。建設業界でニッチなところのトップを狙うということを目指しています。

会社を引き継ぐまでの経緯

――会社を引き継ぐまでのストーリーをお聞かせください。

弊社は、私の祖父が昭和26年に創業した会社です。
私は弊社に入る前まで、店舗の設計施工で全国規模の上場企業で10年ほど働いていました。社員700人、売上500億という会社で、全国を飛び回るような仕事をしており、日本中の店舗設計デザインなどをたくさん手掛けてきました。修行させていただいている恩を返したいという想いで我武者羅に働きました。そして、そこで培った営業力や設計デザインを手に、富山に帰って祖父の会社に入社したというわけです。

富山に帰ってきてから社長就任まで

――富山での仕事も順調だったのですか?

Uターン後、店舗設計を勉強してきたことを活かしたい!と意気込んでいたのですが、当時は、住宅部門に力を入れていたため、社内でなかなか協力を得られない状況でした。しかし、どうしても弊社で店舗設計の事業を進めたいという強い想いがあったため、最初は自分で営業・設計・現場監督まですべて担当していました。社長の孫であることにあぐらをかくのではなく、しっかり会社に貢献したいという一心で一生懸命取り組みました。その想いが周りにも伝わり、少しずつ協力してくれる社員も現れました。そんな中、頂いたのがお客さんからの「ありがとう」でした。それを社内の職人さんや裏方のメンバーにも共有していくことで、社内全体の士気も高まったように思います。

誰のために仕事をするのか

――仕事をする上で、大切にしていることは何ですか?

お客さんに対する“ホスピタリティ”ってなんだろう?ということを常に考えています。個人のお客様と関わらせていただくことで、修業時代多く手掛けていたチェーン店などの大手店舗のお店づくりとはまた違った感覚が芽生えました。個人のお客様の「独立したい」「こんなお店を創りたい」という熱い想いと共に設計していく。ただ単にデザインがカッコいいからとか、雰囲気がいいからというだけではなく、お客様のことを考えたアドバイスを心掛けています。例えば、壁紙。オシャレであるということだけで塗装をおすすめするのではなく、そのお店にとって汚れが付きにくいものが相応しいと思えばビニールクロスをご提案します。会社の売り上げのためや、デザインで自分の知名度を上げるためという気持ちで仕事をしていたのでは、実際売り上げにも繋がりません。お客様のために、お客様目線になることで、お客様の理想とするお店が出来上がっていく。引き渡しのときに言っていただく「ありがとう」。これに勝るものはありません。自分達が創ったお店で、お客様が生き生きと仕事をされている姿にやりがいを感じます

地元富山への想い

――富山県への思いと、どのように富山県を向上させていくか、考えをお聞かせください。

最近、お店を出したい方を対象に開業セミナーを開いています。どのようにお金を借りるか・家賃や原価から見る売上の指標をどうするかなど、実際の経営に活かせるお話しをしています。個人の小さなお店や商店街が活躍することで、もっと富山県に税金も落ちるだろうし、街にも活気が溢れます。開業セミナーを通して、個人のお店が栄えて利益も生まれるようにサポートしていきたいです。「ここでしか買えない」「ここでしか味わえない」「あなたから買いたい」という商売を促進していきたいと考えています。
そして、弊社の社員がチャレンジできる環境を作りたいと思っています。挑戦することで事業も増やしていきたいです。一人一人がチャレンジして成果を上げていく。そんな親の姿を、その子ども達がそばで見ていることが、子ども自身のチャレンジ精神にも繋がると感じています。バブルが崩壊して、日本人はこの30年間、「いい学校に行き、安定した会社に入り、結婚して、幸せな生活を送る」という幸せを売り込まれてきたところがあると思うんです。どんどんチャレンジしていくという幸せを味わっている大人が少ないのが現状です。だからこそ、大人がチャレンジし、子ども達に夢を与えたい。子どもがやりたいことがあると言ったときに、大人の主観で否定して、子どもの夢を潰すようなことがあってはならないと思っています。子どもの夢を応援できる大人でありたい。アメリカでは、学生の起業やチャレンジを企業が応援するということが珍しくありません。若者のチャレンジを応援できる環境が整えば、富山県でも個人事業主の集合体のような会社ができるのではないかと想像します。

若者に対する想い

――御社のインターンや面接で大切にしていることや、若者に対する思いについてお聞かせください。

弊社のインターンや採用面接で大事にしていることは、“想いがあるかどうか”です。「企業理念に共感しました」というような表面的なことではなく、「自分はこう働きたい」「こんなことをやりたい」ということを明確にして、それをアピールして頂きたいと思っています。面接は、合格・不合格ではなく、マッチングです。その会社とあなたが合うか・合わないかなのです。だから、自分が大切にしていることや、考えていることをしっかり話してほしいと思います。

今の若者に大切にしてほしいことにも繋がります。一人一人がその都度、その場面で考えながら行動していかないと仕事は回らないと思っています。「やれ」と言われたことしかできなかったり、自分の成果しか見えていなかったりすると成長しません。スキルはあとからいくらでも積んでいけますが、考え方というのは生まれ育った環境や、誰かの為に何かをしたいという想いがあるかどうかで、変わってくると思います

つまり、大切なのは
自ら考えて、自ら動く
相手のことを深く考えて行動する
想いを持って仕事をする
社会では、そんな人が必要とされるのではないかなと思います。

株式会社トミソー 代表取締役社長 木村嘉秀

おまけ

社員同士の交流が多く、仲の良い会社です!
その様子をいくつかお見せします。
タグ一覧
富山県 建築業 採用活動 熱血社長

株式会社トミソーのインターンシップ

未経験者も大募集! 店舗・店舗住宅の”ものづくり”インターンシップ!

\トミソーで、ものづくりの現場を肌で感じてみませんか?/

株式会社トミソーでは、店舗併用住宅・個人店舗の富山県シェア率No.1の企業です。

我々トミソーは最高の技術と心を持って、お客様の夢の実現と、従業員の幸福を追求すると共に地域社会の未来に価値ある物を創造し続けます。
先代が大切にしてきたトミソーの技術と心を継承し、さらに最高の物にしていきます。お客さまと一緒に働く従業員とともに新しい事へもチャレンジして、新しいトミソーを築き上げたいと考えます。
お客様と従業員と富山のため、次の100年に向けて進み続けます。

ーーーーーーーーーーーー
■インターン内容
ーーーーーーーーーーーー
◇トミソーの会社説明会
 当社の会社説明、業務実績をご紹介します。

◇インターン生との座談会
 これまでのインターン生のキャリアや、今後のキャリアをざっくばらんにお話しましょう。

◇現場見学
 インターン生の方に合わせ、弊社が担当した現場をご紹介します。

当社のビジョンと、あなたのキャリアに寄り添い、インターンシップにご対応させていただきます。

開催日程

随時開催中!

開催エリア

富山県

株式会社トミソー

会社情報

株式会社トミソー
富山市太郎丸西町2丁目4-9
1970年01月 創立
27
076-491-1333

https://tomisou.co.jp/